Jan 14, 2013

#Paris 大晦日到着そうそうアクシデント

DSC07094

12/31の18時パリ着。ならばカウントダウンをさ、エッフェル塔の前で迎えたいね〜と話をしていた私たち。オルリー空港からバスでアンヴァリッドの停留所で降り、ホテルがそこからセーヌ川をまっすぐの場所だったのでタクシーにも乗らずほぼ2kmの距離を10kmあるバックパックを背負い歩きました。チェックインの時にシャンパンをぐいっと頂き、部屋に入って、まだ時間もあるし仮眠して、シャワーも浴びて出かけようということになり、バスタブにお湯をためました。1回チェックしにいって、まだ半分だったのでもう少しとベッドに体を休めたのが最後、次に目を覚ました時にはなんと、


部屋が水びたし!!!!!オーマイガー、、、


日本と違ってバスルームと部屋の間に全く段差がないので、バスタブを溢れた水がそのまま部屋に浸水してしまったのです。

DSC07107

どのくらいかというとフラットシューズでは歩けないほど。。。頭が真っ白になりとりあえず蛇口をとめて、、、、これはフロントに言わなきゃとなり、恐る恐る説明しにいきました。

スタッフも一緒に部屋に戻り部屋の状態を見るなり、フランス語でとっても動揺していて、それを見て私は大変なことをしてしまった!とさらに深く大反省。

この後どんなことを言われるのか恐れていたのですが、スタッフの親切心で事態は好転。素早く空いている隣の部屋を用意をしてくれて、しかも結局私たちはこの損害を全く請求されませんでした。

スタッフの方はあごの高さまであるタオルを抱えてやってきて、ひざをついてパンパンと水分を取ってくれていて。手伝うと言ってもそんなことは不要だから気にしないでとう応対。彼にとってはとんでもない大晦日だったことでしょう。本当に申し訳ないことをしてしまいました。

そんなこんなで私たちはカウントダウンで街に出かける気分も失せ、そのままおとなしく就寝したのでした。



次回はパリのお正月!






No comments: