Jan 26, 2013

#Paris コルビュジェ住宅探訪part2:Maison La Roche



Savoye駅近くのトルコ系ファストフード店でランチを取り、パリ16区にあるラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸へ。パリの新興エリアの近代的なビル群が見えると、到着はもうすぐ。

DSC06631

メトロを乗り継いで目的地のJasmin駅に着きました。

DSC06634

メトロを出たそこは住宅街。

DSC06636

立派なアパートメントが通りにずっと続いていました。

DSC06637

この角が丸い建物が見えたら右へ曲がります。建物の前に小さな看板も出ていました。

DSC06640

一見わかりにくいんですが、この門が入り口です。

DSC06641

突き当たりまで進むと

DSC06642

ようやく到着!

DSC06644

DSC06751

右についているブザーを押すと、スタッフの方が扉を空けてくれます。

DSC06702

玄関。足下にご注目。ここではこの青のビニールカバーを履くように言われます。さっきのサヴォア邸では土足で歩き回っていましたが、こちらはしっかり管理されていました。この違いはなぜ?

DSC06645
ここでもコルビュジェカラーの壁が取り入れられていました。ここConsiergeの部屋は"Paris green"。

DSC06665
Dinningは"Light sienna"。絨毯が素敵。

DSC06669


DSC06684
Picture galleryは"Red brown""Cerulean blue medium 2"など多色使い。

DSC06704
黒枠が絵になる大きな窓。このスペースはガイドでは"Bridge"と紹介されていました。

DSC06719
同じ目線に向かいのフロアがあるのではなく、半階分くらいの高さで互い違いになっているのが印象的でした。

DSC06752
白と黒。かっこいい。

DSC06728
Roof gardenには出れませんでしたが、向かいの建物はどれもクラシック。この家がいかに斬新かがよくわかります。


DSC06741

玄関脇に小さなギフトショップがあり、私はコルビュジェのイラスト本を。夫はコルビュジェカラー見本帳を自分のおみやげに買って帰りました。

パリはコルビュジェ名作の宝庫。あいにく閉まっていた16区にあるヌンジェセール・エ・コリ通りのアパートもいつか見てみたいな。


2軒を巡り、次に向かったのは、ジャン・ヌーベル設計のアラブ世界研究所です。





No comments: