Aug 7, 2011

Yokohama Triennale 2011 #1_BankART Studio NYK

画像 040

6日の土曜日からはじまったヨコハマトリエンナーレに行ってきました。やはり3.11の大震災を受けた作品が多く、個人的な思想を表現した作品に比べスッと心に響くものがあり、あの天災によって今を生きる私たち日本人に共通の感情が生まれていることを改めて考えさせられました。そして、東京で生まれたホーチミンに住むアーティストが震災が起きた翌日から、自分には何ができるだろうと考え、ひとつのプロジェクトをおこしていました。すべては被災した日本人のために、被災地にも赴いて。ふと自分の生活が満たされていると、他人事となってしまう自分の小ささに、社会性が含まれたアートはお灸をすえてくれたような気がします。

メイン会場は、日本郵船海岸通倉庫広場(BankART Studio NYK)と横浜美術館の2会場。そして特別連携プログラムとして開催中の新港ピア黄金町エリアの計4会場を無料バスで結んでいるので1日楽しめるトリエンナーレとなっていました。

それではまずは、BankART Studio NYKの模様から!

画像 007
DEWAR & GICQUEL (デワール&ジッケル)《Sans titre, 2007》
ダニエル・デワール:1976年 フォレスト・ディーン(イギリス)生まれ。パリ在住
グレゴリー・ジッケル:1975年 サン=ブリユー(フランス)生まれ。パリ在住


画像 006

画像 005

画像 022
Rina BANERJEE(リナ・バネルジー) 《I'll get you my pretty!》2009
1963年、コルカタ(インド)生まれ。ニューヨーク在住


画像 020

画像 021

画像 014
Henrik HÅKANSSON(ヘンリック・ホーカンソン)
1968年 ヘルシンボリ(スウェーデン)生まれ。フォルケンベルグ、ベルリン在住


画像 012

画像 011

画像 017
Henrik HÅKANSSON(ヘンリック・ホーカンソン)

画像 018

画像 034
Henrik HÅKANSSON(ヘンリック・ホーカンソン) 《Fallen Forest》 2006


画像 023

画像 025
Jun NGUYEN-HATSUSHIBA(ジュン・グエン=ハツシバ)
《呼吸することは自由 12,756.3:日本、希望と再生、1,789km》2011年


画像 028

画像 027

画像 026

画像 029

画像 030
Sigalit LANDAU(シガリット・ランダウ 《Barbed Salt Lamps 2008》
1969年 エルサレム(イスラエル)生まれ。テルアビブ在住

画像 031

画像 032

画像 033

画像 035

画像 037

画像 009

画像 008

画像 038

画像 039

画像 042


No comments: