Apr 20, 2011

あの時どうしてた?

この言葉が挨拶かのように、今日も久々に会った友人たちとあの日のことを報告しあった。あらためて明らかにあの日から私たちの考えや意識が変わったのだと感じた一日。一瞬にして私たちの生活をうばっていった自然であるけれど、一方で満開に咲きほこる桜に心癒されているように、わたしたち人間の心を癒し励ましてくれるのもまた自然。昔の人が抱いていた自然に対する畏敬の念を、現代のわたしたちは忘れていたのかもしれない。技術が発展し自分たちは自然さえもコントロールできると錯覚してしまっていたのかもしれない。今回多くの被災を受けた漁師さんたちが最も自然との共生を考え行動していたのかもしれないと思うと、言葉にならない思いがこみあげてくる。

画像 1369




No comments: