Feb 8, 2011

銚子# 漁師町、外川

画像 304

4漁港を有する銚子。主にさば、さんま、いわしの漁獲量が高く、かつお、あじ、ぶり、まぐろ、たい、さめ、えびなども揚り、日本随一の漁獲量を誇る港町。そのはじまりは南に位置する外川に、紀州から流れ着いた人々が漁を伝え、その後北側に位置する第一~第三漁港へと広がっていったそう。外川漁港には金目鯛の一本釣りの資格をもった猟師さんが数名いるのですが、今回の旅でそのお一人とお話をすることができました。

夜中のうちに沖にでて漁をし、家に帰るのは午前10時頃。昔は仙台の方まで漁船を出し、2週間に及ぶ海上生活をすることもあったそうです。ここ数年海の変化に警笛を鳴らすニュースをよく目にするようになりましたが、この問題に対しその方は、一気に小さい魚までも乱獲してしまっている漁師がいるのが原因の一つなのではないか、自然に食わしてもらっている漁師たち自身がみなで取り組まなきゃいけない問題だとおっしゃっていました。だけどこれって日本に暮らす私たち自身の問題。ニュースを見て、漁師さんたち大変だな、としか感じていなかった私はとっても小さい世界でものを見てしまっていたなと反省。そんな気づきを与えてくれた銚子旅でもありました。

画像 218

画像 223

画像 225

画像 227

画像 226

画像 229

画像 231

画像 236

画像 239

画像 240

画像 241

画像 251

画像 249

画像 245

画像 247

画像 259




No comments: